役職パネルBOTv2 コマンドリファレンス(&招待リンク・サポートサーバー)

役職パネルv2のコマンドヘルプ。(今回真面目に作ろうと思うんだけど・・・)
ヘルプページ一覧に戻る場合はこちら
kesigomon.hatenablog.jp

招待リンク

これです。
discordapp.com

サポートサーバー

役職パネルのサポートは、「ケシゴモンのギルド」でやっています。
「役職パネル相談室」でどうぞ。
discord.gg


引数に取れる(役職)について

役職の引数は、以下のものが取れます。

  • 役職のID
  • 役職のメンション
  • 役職の名前

なお、役職のIDは、roleコマンドで取得できます。

コマンド一覧
Prefixは「!rp2」または「!rolepanel2」です

add

!rp2 add (役職...) --tag (タグ) --channel (チャンネル) --emoji (絵文字) --create

役職パネルに役職を追加します。
使用できるのは「役職の管理」を持つ人です。

引数一覧

役職...

スペースで区切って複数入力が可能です。
ただし絵文字引数を取っている場合、この引数は1つしか取れません。
自分の一番上の役職よりも下の役職のみ引数に取ることができます。
(ただし、サーバーの所有者はすべての役職を引数に取れます)

-t --tag (タグ)

タグを使うと、役職パネルのタイトルにタグが追加され、別なパネルをつくることができます。(デフォルトは「デフォルト」)

-c --channel (チャンネル)

役職パネルを作るチャンネルを指定できます。

--emoji (絵文字)

リアクションの絵文字指定ができます。
この引数を取っている場合、役職引数は1つしか取れません。

--create

この引数があった場合、役職を作成してからパネルに追加します。

--color (色)

パネルを新しく作った場合、色を指定できます。

!rp2 add 役職A
!rp2 add 自由カテゴリ閲覧 --tag 重要な役職
!rp2 add 役職B --color 0xff0000

remove

!rp2 remove (役職...) --tag (タグ) --channel (チャンネル) --delete

役職パネルから役職を削除します。

引数一覧

役職...

スペースで区切って複数入力が可能です。
自分の一番上の役職よりも下の役職のみ引数に取ることができます。
(ただし、サーバーの所有者はすべての役職を引数に取れます)

-t --tag (タグ)

タグを指定した場合、そのタグのパネルにある役職のみを削除します。

-c --channel (チャンネル)

削除対象とするチャンネルを指定できます。

--delete

(未実装)
この引数があった場合、パネルから削除したあとに役職を削除します。

!rp2 remove 役職A
!rp2 remove 自由カテゴリ閲覧 --tag 重要な役職

autoremove

!rp2 autoremove

もう存在しない役職の行を削除します。

edit

!rp2 edit oldtag page --tag (タグ) --color (色)

パネルを編集します。

引数一覧

oldtag

編集するパネルのタグを指定してください。

page

編集するパネルのページを指定してください。

-t --tag (タグ)

タグを別なものに変更します。

--color (色)

色を別なものにします

!rp2 edit デフォルト 1 --tag メイン役職
!rp2 edit 重要な役職 1 --color 0x00ff00
!rp2 edit デフォルト 2 --tag 色系役職 --color 0x0000ff

role (ページ=1)

役職一覧をIDとともに(上から順番に)表示します
役職が多い場合、ページ指定すると更に下の役職も見れます。

引数一覧

ページ

役職一覧のページ指定で、デフォルトは1です。

!rp2 role
!rp2 role 2

役職パネルのヘルプページ一覧

コマンドの使い方がわからない?招待リンクがほしい?

kesigomon.hatenablog.jp

なにか問題が起こった?

kesigomon.hatenablog.jp

え?古めかしい役職パネルのコマンドリファレンスを見たい?

kesigomon.hatenablog.jp

役職パネルBOTのよくある質問

よくある(というかあった)質問集
ヘルプページ一覧に戻る場合はこちら(招待リンクとかはこっち)
kesigomon.hatenablog.jp

この質問集のコマンド例は「役職パネルv2」に準拠しています。
「役職パネル」(v2ではない)の場合はコマンドの使い方が異なる場合があるので注意してください。

「役職パネル」(v2ではない)が動かない

「役職パネル」はサポートを終了しているため、対応はできません。

「役職パネルv2」に「役職パネル」のデータを移行できますか?

はい。移行できます。
パネルのあるチャンネルで、!rp2 hikitugi と打ってみてください。

「役職の付与に失敗しました。BOTの一番上よりも高い役職をつけようとしてるかも?」と表示された

「サーバー設定」→「ロール」
その後、役職パネルBOTについている一番上の役職が、つけたい役職よりも上になっているか確認してください
X こんな感じだと付与できません
https://cdn.discordapp.com/attachments/555660656926523402/610863624201961489/2019-08-14.png
O こんな感じだと付与できます。
https://cdn.discordapp.com/attachments/555660656926523402/610863668992671756/2019-08-14_1.png
移動する場合、PC or Androidなら、そのままドラッグ&ドロップ or スライドで移動すればできるはずです
iOSなら、「編集」をタップすると移動できるようになります

パネルを複数作りたい・パネルを分けたい

タグを別なものにすれば別なパネルが生成される。

!rp2 add 赤色 -t 色系役職
!rp2 add 自由カテゴリ閲覧役職 -t 重要な役職

BOTの招待リンクが真っ白

もしかして:使ってるブラウザはMicrosoft Edge
別なブラウザ(Google Chrome, Firefoxなど)入れて、それでアクセスしてみてください

上手く役職が適用されない。

役職IDで指定すればほぼ確実に通るのでそちらでどうぞ。

!rp2 add 0000000000
(0の部分は取得した役職IDに置き換えること)

役職IDを取得する方法

開発者モードをオンにして取得する方法

まずはこれを参考に、開発者モードをオンにする。
support.discordapp.com
そうしたら、該当サーバーの「サーバー設定」→「ロール」
その後で、ロール名を右クリック→「IDをコピー」
これでIDをコピーできる。

roleコマンドを使う方法

!rp2 role

と打てば、役職とIDが表示される。

BadArgument(不正な引数)エラーです。が表示された場合

Role XXX not found.

役職が見つからないようです。役職名のミスなどがないか確認してください。
もし、うまく行かないのであれば、役職メンションか役職IDで試してみてください。

Channel XXX not found.

チャンネルが見つからないようです。チャンネル名のミスなどがないか確認してください。
もし、うまく行かないのであれば、チャンネルメンションかチャンネルIDで試してみてください。

v2でなにが変わったの?

コマンドが大きく変わりました。
・複数の役職を一気に追加することが可能に
・つける際に押すリアクションを自由に変えられるように
・パネルの色を好きな色にすることができるように

v2にはregenerateコマンドがないんですか?

ないです。autoremoveがあるので、代わりにそちらをご利用ください。

オープンソースですか?

いいえ、オープンソースではありません。公開予定も今のところはありません。

ここまでやっても解決しなかった

サポートサーバーへどうぞ
「ここまでやっても、解決しませんでしたか?」の質問のときに
「✅❌❌✅」とリアクションを順番に、ゆっくりと押してください
(ただし、押す間隔は10秒以上開けないでください)
discord.gg

寄付したい

えっ、マジ?
Kesigomon#4752 にDMでアマギフを送ってください!
ありがとうございます!

SKYLINEのコマンドとか機能とか

SK}YLINEのコマンドとか、機能をまとめてみる

sk!cedit (チャンネル権限編集システム)

# チャンネル指定省略可能(デフォルトはコマンドを打ったチャンネル)
sk!cedit (channel)

チャンネルの権限をGUIライクで編集できるシステム。
主に雑談板、及び個人チャンネルの権限の編集に使える。

チャンネルの権限の追加設定で使ったユーザーの『権限の管理』が「/」になっていれば使用可能。
自分で作ったチャンネルには基本的にこの設定がされている。

sk!ticket (雑フォ運営への相談)

sk!ticket (member...)

# 使用例(単発使用)
sk!ticket

# 使用例(他の人も招待する)
sk!ticket Kesigomon dainspc Otoko

運営と、引数に指定したメンバー以外には見えないチャンネルをチケットカテゴリに作る。
基本的に1人1チャンネルまで。

sk!ticket invite (見れる人追加)

sk!ticket invite [member...]

# 使用例
sk!ticket invite ダイスケ わど

自分がチケットコマンドで作ったチャンネルでのみ使用可能。
見れる人を増やす。

sk!ticket leave (自分が作ったチケットチャンネル削除 or 見えないようにする)

sk!ticket leave

チケットカテゴリでのみ利用可能。

  • 自分が作ったチャンネル

削除確認後、チャンネルを削除する。

  • それ以外

そのチャンネルを見れないようにする。

discord.pyでいろいろなオブジェクトを取得する

discord.pyでいろいろなオブジェクトを取得する方法。
執筆中です。なんかあればコメントで。

チャンネル

全部共通(カテゴリ、テキスト、ボイス、DM)

ID指定

Client.get_channelメソッドを使う。
https://discordpy.readthedocs.io/ja/latest/api.html#discord.Client.get_channel
ready後ではない or BOTがチャンネルを見れない場合はNoneを返すのでそこは注意。

async def on_ready():
    # IDは、該当するチャンネルのIDに置き換えること。
    ch = client.get_channel(ID)
    await ch.send("BOTが起動しました!")

Messageableなチャンネル(テキスト、DM)

Message などのchannel属性

多分一番使う方法。

async def on_message(message):
    ch = message.channel
    print(f"{ch.name}からメッセージが来ました!")

ギルド(サーバー)

ID指定

Client.get_guildメソッドを使う。
https://discordpy.readthedocs.io/ja/latest/api.html#discord.Client.get_guild
ready後ではない or BOTがギルドにいない場合はNoneを返すのでそこは注意。

async def on_ready():
    # IDは、該当するギルドのIDに置き換えること。
    guild = client.get_guild(ID)
    print(f"{guild.name}のメンバー数は{guild.member_count}です!")

Message などのguild属性

よく使う気がする。

async def on_message():
    guild = message.guild
    print(f"{guild.name}からメッセージが来ました!")

User またはMember

違い

Userはギルドとは関係ない情報のみ。(役職の情報等なし)
Memberはギルドに関係があり、同じユーザーでも所属しているギルドごとにMemberオブジェクトが存在する。
(もちろん、役職の情報などもある)

ちなみにUserとMemberでの比較は可能。
元が同じなら(たとえギルドが別であろうと)同じとして判定される。
https://discordpy.readthedocs.io/ja/latest/api.html#discord.Member

User

ID指定

Client.get_userメソッドを使う。
https://discordpy.readthedocs.io/ja/latest/api.html#discord.Client.get_user
ready後ではない or BOTがチャンネルを見れない場合はNoneを返すのでそこは注意。

async def on_ready():
    # IDは、該当するユーザーのIDに置き換えること。
    user = client.get_user(ID)
    # DMを送る
    await user.send("BOTが起動したよ!")

Member

ID指定

Guild.get_memberメソッドを使う。
https://discordpy.readthedocs.io/ja/latest/api.html#discord.Guild
ギルドに関係しているので、必ずギルドの情報が必要になる。ID1つだけでできるわけでないので注意。
Guildオブジェクトの取得は前述の通り。

async def on_ready():
    # IDは、該当するギルドのIDに置き換えること。
    guild = client.get_guild(guild_ID)
    # IDは、該当するメンバーのIDに置き換えること。
    member = guild.get_member(member_ID)
    # DMを送る
    await member.send(f"君の表示名は{member.display_name}だね!")

もし、私がゼノンザードの大会を開いたら

カードの制限について

【アタック時】または【召喚時】にダメージを与えるカード(または、ダメージを与える効果をプレイヤーに与えるもの)

リボルバーコンドル』『「五幻獣」麒麟』『九神龍「闘」アラバスター』『「オリジンズ02」アロンダイ』など。
これらの効果は防ぐことができず、ダメージエンドを引き起こしてしまうため禁止します。

ダメージを与えるマジック

ディメンジョナルクラック

このカードの効果は防ぐことができないので禁止します。

ハウリングボイス(投入可能)

デッキへの投入は可能です。
「相手のBP500以下のミニオン1体をレスト状態でベースに移動させる。」効果を必ず選択してください。
「相手のプレイヤーに1ダメージを与える。」効果は使用しないでください。

ブロックを制限するカード(潜入含む)

「このミニオンは(〇〇なミニオンには)ブロックされない。」効果をもつカードは禁止します。
「相手のミニオン1体を選択する。(そのミニオンをアクティブにして、)このターン中、そのミニオンは必ずブロックする。」という効果をもつカード(ゼクスシュバンツ、カノーネン・ティーゲルなど)は使用してもOKです。青デッキ使いとドラゴンデッキ使いの皆さんごめんなさい

「運命の図柄を描く者」ラケシス

ラケシスの効果を「戦術」として組んでしまうとどうしても「圧倒」になってしまいがちになるため。

エンリコ

LOでのゲームエンドを防ぐため禁止します。

「キスカ」がなぜここまで嫌われたのか

ゼノンザード初投稿です。
キスカ」がめっちゃ強いので嫌われてる(というかめっちゃ強い理由)を述べてみる。
そのうちナーフ予想も書きたい。

嫌われてる理由

召喚時効果である点。

まず、キスカの効果は召喚時効果だ。召喚時効果は、現在のゼノンザードのカードプールでは、止めることのできない効果である。故に、発動されれば相手は祈ることしかできなくなるのだ。
以前害悪とされていたアオバと比較すると、「【召喚時】自分のデッキを上から4枚見て、その中のフィールド・ミニオンカード2枚を公開して手札に加える。残りをランダムにデッキの下に戻す。」の方の効果は止められないが、「【常時】他の自分のミニオンがフィールドに出るたび、このミニオンをアクティブにする。」の効果は、攻撃を介さないと効果が発揮されない。そのため、フラッシュタイミングでまだ対応することが可能だった。
gamewith.jp

ギャンブル的要素

デッキというランダム要素の強いところから5枚トラッシュに送るため、ギャンブル要素が非常に強い。ギャンブル要素が苦手な人は苦であろう。

破壊効果を手軽に発動できる。

破壊効果は、フィールドに出て破壊されることで、初めて効果を発揮する。フィールドに出すには、手札・マナコストというを使わなければいけなくなる。つまり、手札・マナコストを使わなければ、破壊時効果を発動することはできない。
しかし、「キスカ」の場合はカードをトラッシュに送るだけで、デッキリソースは削ることになるが、手札・マナコストを払わないで発動できてしまうため、消費するコストに対し、得られるアドバンテージは非常に高い。

枚数が多すぎる

前述したとおり、1枚でも得られるアドバンテージは非常に高いのだが、それが最大5枚である。アドバンテージは計り知れない。

コストが低すぎる

ここまで述べた効果を内包して、コスト6(紫2+無色4)である。これは中盤に出せるようなコストである。遅延デッキだとかなり辛いし、速攻デッキでも辛いかも?(速攻デッキ使ったことないからわからんけど)